×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

流行到来‼ 「中国史」に魅了される日本人たち

日本人が慣れ親しんだ中国の歴史とその人気


  近年、日本のエンタメで注目を浴び、ブームへとなりかけているものがある。中国からやってきた「中国史をテーマにした時代劇」である。長い歴史のなかで様々な題材があり、それぞれのストーリーでそれぞれの魅力を発信している。巨額の製作費で豪華絢爛な歴史絵巻を見せる中国ドラマへの注目は日本のみならず世界中で高まり続けているという。2021年にも中国で大ヒットした歴史群像劇が誕生。契丹族が樹立させた、中国初の征服王朝・遼の歴史で国家統一を果たした伝説の皇后の激動の生涯を描いた『燕雲台-The Legend of Empress-』は、中国国内でTV 視聴率&配信ランキング1 位となり、このたび日本へと上陸する。
 そもそも歴史上、日本は中国の歴史と深い関係と国内人気あった。本記事では、改めて日本における中国史との関わりとその歴史を紐解いてく。


 

違和感なく楽しめる中国史
そのルーツは江戸時代にあった

 

 中国の時代劇ブームの渦中、2021年、中国で大ヒットした歴史群像劇『燕雲台 -The Legend of Empress-』が上陸する。中国初の征服王朝・遼の支配層は契丹族で、その歴史のなかで〝伝説の皇后〟と呼ばれたのが本作の主人公。本作を通じて中国の時代劇人気が再燃するのは間違いない。

 

 スタートダッシュでは「韓流」に後れを取りながら、今や中華圏発のエンタメ「華流」もひとつのジャンルとして確立している。現代を舞台とした恋愛ドラマに始まり、歴史時代劇へと幅を広げた韓流ブームに対し、日本での華流エンタメの受け入れは最初から歴史ものを中心とした。

 

 韓流ブームが香港・台湾での流行をきっかけに、日本のブーム到来となったのに対し、華流ブームの原点は江戸時代以来の下地の上に形成されたといえる。

 

 日本は奈良・平安という古い時代から中国の古典を受け容れてきたが、儒学(じゅがく)や政治論、歴史、唐詩(とうし)などからなる漢学教養は一部支配層の独占物で、一般庶民には縁がなかった。

 

 ところが、町人社会が成立した江戸時代に貸本(かしほん)や講談(こうだん)、芝居などを通じて、中国古典の一部が庶民のあいだにも浸透を始める。歴史を題材にした小説の『三国志演義(さんごくしえんぎ) 』や『水滸伝(すいこでん)』の名場面がそれである。

 

江戸時代に歌舞伎で演じられた『三国志』江戸時代から現代にいたるまで歌舞伎では大人気演目として公演される。(東京都立中央図書館特別文庫室蔵)

 

 両作品の人気は明治以降、活字文化でも受け継がれたが、映像作品となると、ハードルが高かった。

 

 中華圏発の映像作品といえば、カンフー時代劇やキョンシーに代表される怪談もの、香港ノワールと呼ばれる任侠(にんきょう)ものなどが輸入されていたが、20世紀末まではコアなファンを対象としたサブカルチャーの域を抜け切れなかった。そのなかで異色だったのは、中国中央電視台制作の長編テレビドラマ『三国志 大いなる飛翔』で、三国志人気に牽引されたとはいえ、これこそ華流の草分けと呼ぶに値する作品だった。それから20余年、武侠小説の大家である金庸(キン・ヨン)や古・龍(ク・ルン)原作のものを始め、多くの娯楽時代劇が日本でも放映され、今や韓流時代劇といい勝負をくり広げる。

 

江戸時代に人気となった三国志の英傑たちの名言集江戸期は空前の中国ブームが起こり『三国志』は大流行。(東京都立中央図書館特別文庫室蔵)

 華流時代劇がここまで受け入れられた理由としては、日本の武士道や江戸城大奥で蠢うごめく陰謀、御家騒動、人間離れした忍者の活躍、男女の愛憎など、中華圏にも通じる要素が数多く存在し、慣れ親しんだもののごとく受け取られたからだろう。

 

「燕雲台-The Legend of Empress-」DVD&Blu-ray

「燕雲台-The Legend of Empress-」DVD&Blu-ray

公式サイト https://kandera.jp/sp/enundai/

2021 年度No.1 アジアドラマが堂々上陸!TV 視聴率&配信ランキング1 位!
「王女未央-BIOU-」ティファニー・タン主演!
愛と陰謀の渦中で、国家統一を果たした伝説の皇后の激動の生涯を描く、2021 年No.1 本格歴史エンターテイメント!

<STORY>
契丹(きったん)人の国である遼の北府宰相・蕭思温(しょうしおん)の三女・蕭燕燕(しょうえんえん)は、父親と長女・蕭胡輦(しょうこれん)、次女・蕭烏骨里(しょううこつり)の愛を受けて真っすぐで勇敢な女性に育つ。そして、彼女は漢民族ながら遼の朝臣である韓徳譲(かんとくじょう)と出逢い、国の未来へ大志を抱く2 人はやがて愛し合うようになる。一方、朝廷では暴君として恐れられる第四代皇帝・穆宗(ぼくそう)の座を狙い、権力争いが続いていた。そんな中、皇后を輩出する后(こう)族の筆頭である蕭家の三姉妹は、王位簒奪(さんだつ)の切り札とみなされていた。その結果、簫胡輦が穆宗の弟・耶律罨撒葛(やりつえんさつかつ)に、簫烏骨里が初代皇帝・太祖(たいそ)の孫・耶律喜隠(やりつきいん)に嫁ぐことに。残された簫燕燕は韓徳譲と婚約を結んでいたが、暗殺された前皇帝の息子で韓徳譲の親友である耶律賢(やりつけん)に見初められ…。

2021 11 日(水)リリース】
DVD SET1

話~第12  DVD6 /本編約540 /17,600 円(税抜16,000 円)
Blu-ray SET1>第話~第12  BD2 /本編約540 /19,800 円(税抜18,000 円)
レンタルDVD同時リリース

発売元・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

Blu-ray&DVD SET2~4 毎月順次リリース

U-NEXT にて同時に独占先行配信開始 https://bit.ly/3hG72cd

予告編 https://youtu.be/yXu43W969YE

第1回 https://youtu.be/J66IEo7OTZE

©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

KEYWORDS:

過去記事

島崎 晋しまざき すすむ

1963年東京生まれ。立教大学文学部史学科卒業。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て、現在、歴史作家として幅広く活躍中。主な著書に『歴史を操った魔性の女たち』(廣済堂出版)、『眠れなくなるほど面白い 図解 孫子の兵法』(日本文芸社)、『仕事に効く! 繰り返す世界史』(総合法令出版)、『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『覇権の歴史を見れば、世界がわかる』(ウェッジ)など多数。

最新号案内

歴史人 2021年12月号

武田三代 栄華と滅亡の真相

戦国最強騎馬軍団を率いた甲斐源氏・名門武田家はなぜ滅亡したのか? 甲斐統一から甲州征伐まで、その全軌跡を追う。 甲斐統一を成し遂げた武田信虎、戦国の世にその名を轟かせた武田信玄、父の名声と戦い続けた武田勝頼。甲斐武田家に隆盛をもたらした三代に改めて迫る。信玄の天才ぶり、君主を支えた家臣団の実力、武田家にかかわった女性たち…など、武田家にまつわるすべてを徹底解説する。