×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

【 三国志入門 】中国で「酒」の神様といえば曹操!張飛でも孫権でもなく、なぜ曹操なのか?


「酒に対してはまさに歌うべし、人生いくばくぞ・・・」との一節で知られる詩「短歌行」を残した、三国志の英雄・曹操。中国では意外にも彼を「酒の神様」として祀る地方がある。なぜ、そうなっているのか、現地の写真も交えてお伝えしよう。


 

曹操が後世に残した「酒のレシピ」とは?

三本足の酒器(爵/しゃく)を手にする曹操の画(河南州安徽省・中国白酒博物館で撮影)

 一般に、三国志で「酒」といえば、張飛(ちょうひ)が有名である。たいてい酒を飲んで大暴れするのが定番だが、それは小説での話。史実においては、孫権(そんけん)のほうが、圧倒的に酒乱なのだが、その話は別の機会にゆずろう。

 

 曹操も相当な酒好きだった。もちろん、史実を踏まえての話である。冒頭の賦(ふ)や、次の上奏文を残していることからも、それがよく分かるだろう。

 

122日に、100リットルぐらいの水で麹(こうじ)を7kgほど洗い、正月に凍っているところを溶かします。良質な米を加えて造り、三日にいちど発酵させ、180リットルぐらいになったら米を追加するのをやめます」

 

「あとは、麹のカスを搾りとれば飲めます。麹や米に虫がたくさんついていたとしても、こうすれば完全にいなくなるので平気です。きれいなので酒カスも飲めます」

 

9回発酵させると良いですが、もし苦い場合は10回発酵させれば、ずいぶん甘くなって飲みやすく、しかも酔いにくいので、おすすめです」(『全三国文』九醞春酒法/きゅううん しゅんしゅほう)

 

 これは、曹操が漢の献帝(けんてい)に献上したレシピである。知人に郭芝(かくし)という酒造りの職人がいて、彼からおそわった製法を曹操が書いて残したのだ。これを見る限り、かなり大量の穀物と手間とをかけて造る上等の酒だったと思える。

 

中国で販売されている「古井貢酒」。茅台(マオタイしゅ)酒や、五粮液(ごりょうえき)と並ぶ、中国の十大銘酒に数えられている。

 

 曹操の生まれ故郷である毫州市(安徽省)は、この故事のとおり「古井貢酒」(こい こうしゅ)という白酒(バイチョウ)の産地として知られる。古井とは「古井戸」のことで、その水で造った酒を帝に献じた(貢いだ)という意味がある。

 

 この地では、故郷の英雄・曹操が「酒神」としても祀られている。「白酒博物館」では、その地下に明代・清代の酒造場が保存され、その上に曹操の酒造りにまつわる資料や出土品が並んでいる。

 

中国白酒博物館にある曹公祠。曹操が守護神として祀られているほか、屋外には10メートル以上もある巨大な像が建てられている

 ただし、曹操が飲んだのは、上に書いたような白酒ではなかった。白酒とは焼酎や泡盛と同じ蒸留酒であり、非常にアルコール度数の高い酒。これが造られるようになったのは、蒸留技術が発達した元の時代(13世紀)といわれる。一説には唐の時代(7世紀)からあったともいうが、漢の時代には、まだ無かっただろうと思われる。

 

曹操、愛飲の酒が各地へ伝播し、日本酒に?

 

 おそらく、曹操が伝えた酒は黄酒(醸造酒)であっただろう。黄酒といえば日本酒や紹興酒がそれにあてはまる。米を使った甘みのある酒ではなかったかと思われる。中国には貴州省の東部などで、米の醸造酒、米酒(ミーチョウ)が造られている。

 

 ミャオ族など少数民族が住む鎮遠県という都市では、主に家庭用の酒として愛用されている。ここには千年ほど前に湖南省から漢民族が流入したといわれ、漢から伝わった酒の製法を伝えた者もいたかもしれない。米酒の原型が、すなわち曹操の「九醞春酒」だった可能性もあるだろう。

 

 米酒は製法も味も日本酒にも似ている。曹操のレシピは、もしかすると人づてに東の海を越え、日本にもたらされたのかもしれない。単に酒好きというだけでなく、その製法を後世に伝えたという文化的な功績において、曹操が酒神と崇められるのは当然といっても良いだろう。

 

(続く)

 

KEYWORDS:

過去記事

上永哲矢うえなが てつや

歴史著述家・紀行作家。神奈川県出身。日本の歴史および「三国志」をはじめとする中国史の記事を多数手がけ、日本全国や中国各地や台湾の現地取材も精力的に行なう。著書に『三国志 その終わりと始まり』(三栄)、『偉人たちの温泉通信簿』(秀和システム)、共著に『密教の聖地 高野山 その聖地に眠る偉人たち』(三栄)など。

最新号案内

歴史人 2021年11月号

日本の仏像 基本の「き」

お寺や仏様に参拝して心の安らぎを得るだけでなく、その歴史や造形の意味を探りたい。という読者は多いことだろう。そんな方のために、知っておきたい国宝の仏像や、歴史的に意味を持つ仏像や戦国武将が心の支えとした念持仏の数々を写真でご紹介。さらにそのような仏像の見分け方、造形の鑑賞ポイントなど、豊富なイラストで徹底図解する。これで眼前の世界の奥行きが増すに違いない。