×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

敵対後も続いた天才たちの共鳴――『利生の人 尊氏と正成』が描く南北朝時代の人間ドラマ


第12回日経小説大賞を受賞した『利生の人』では、鎌倉幕府が滅亡する契機となった「千早城の戦い」の主要人物である楠木正成、足利尊氏、後醍醐天皇の内面が緻密に描かれている。約3ヶ月半にわたる籠城戦のなかで、それぞれの胸に去来したものはいったい何だったのだろうか?


楠木正成、足利尊氏、後醍醐天皇の内面から歴史を描く人間ドラマ

 日本史上屈指の「軍事的天才」「忠臣の鑑」と言われた楠木正成(くすのきまさしげ)。二度の討幕の試みや島流しを経験しながら、公武の政治体制・法制度・人材の結合を図った後醍醐天皇。足利将軍家の祖であり、「裏切りを重ねた反逆者」とも「人望と器量で逆境に打ち勝ったカリスマ」とも称される足利尊氏。

 

 毀誉褒貶(きよほうへん)が激しく、時代によって評価も異なる、圧倒的な個性を持った3人の傑人が並び立つ鎌倉末期~南北朝時代は、日本史のなかでも特に面白い時代の一つだ。天津 佳之(あまつよしゆき)のデビュー作にして第12回日経小説大賞作品の『利生の人 尊氏と正成』(日本経済新聞出版)は、その3人の「内面」を深堀りし、混沌とした時代を人間ドラマとして描く歴史小説だ。

 

 キーワードになるのは、タイトルにも使われている「利生(りしょう)」という言葉。この言葉は仏教用語で、本書の中ではこのように説明されている。

 いまの仏道に、衆生の仏の利益を垂らすことを”利生”という。ならば、衆生がみずからの本性を尽くして利生を成し合う国こそが、悟れる国なのではないか。

 

 利生の国を成す。それが、正成が思い至った結論だった。
(『利生の人 尊氏と正成』より)

 そう思い至った楠木正成に加え、後醍醐天皇、足利尊氏という3人の天才は、本書の物語では「利生」への思いで互いに共鳴している。特に深い部分でのつながりを感じていたのが正成と尊氏だ。

 

敵対しても感じる「幸せ」。天才の共鳴に感じる尊さと儚さ

 

 後醍醐天皇の討幕運動に呼応した正成が千早城(ちはやじょう)で籠城し、数十倍もの幕府の大軍を釘付けにしたとされる「千早城の戦い」の際、尊氏(当時は高氏)が正成との共鳴に気づく場面がスリリングだ。

 

 高氏は、これという援軍が見えないのに、籠城戦で奮闘を続ける正成の戦術を訝(いぶか)しむ。脳裏に地図を広げ、どの軍勢がどう動けば事態が反転するのか考え、急所は六波羅にあると思い至る。その続きが以下の場面だ。

 

 しかし、いま六波羅を食い破ることのできる魚が潜んでいるとは……。

 

 そう思ったときだった。高氏の脳裏に、雷光がひらめいたのは。

 

 (私、なのか) 

 

 いま、千早の援軍たる先帝方は、誰もいない。

 

 ーーこれから現れるのだ。いま、ここに。

 

 「おお……!」

 

 脳裏の稲妻に打たれたように、全身を震えが駆け巡るのを抑えられず、高氏は低く声を挙げた。そして、千早の城で死力を尽くす楠木正成に思いを馳せた。

 

(『利生の人 尊氏と正成』より)

 凡人には見えない大局が見え、高い志にもとづいて時代の先が読める2人だからこそ、起こった共鳴。歴史の教科書では、「楠木正成らが粘り強く戦った」「やがて後醍醐天皇が讃岐を脱出すると、天皇の呼びかけに応じて討幕に立ち上がるものが増え、足利尊氏も幕府に背いて六波羅探題(ろくはらたんだい)を攻め落とした」という事実の羅列で終わってしまう出来事が、ここまで深く読み解かれ、情感豊かに描写されている。歴史ドラマの真骨頂ともいえる面白さが、この場面には詰まっている。

 

 上記の場面は本書の序盤も序盤。尊氏と正成、そして後醍醐天皇という異なる個性を持つ3人は、それぞれがその本性に尽くしながら、明日の社会のために異なる行動を起こし、ときに敵対もしていく。

 

 なお本書には「することを合わせるから、仕合せなのだ」という言葉も登場するが、敵対しつつも共鳴し、幸せすら感じてしまう天才たちの生き様は、尊くも儚くも感じる。歴史上の偉人たちの心の深みと高みに触れられる喜びが、本書には溢れている。

KEYWORDS:

過去記事

古澤 誠一郎ふるさわ せいいちろう

ライター。1983年埼玉県入間市生まれ。東京都新宿区在住。得意なジャンルは本、音楽、演劇、街歩きなど。『サイゾー』『週刊SPA!』『散歩の達人』『ダ・ヴィンチニュース』などに執筆中。

最新号案内

歴史人 2021年11月号

日本の仏像 基本の「き」

お寺や仏様に参拝して心の安らぎを得るだけでなく、その歴史や造形の意味を探りたい。という読者は多いことだろう。そんな方のために、知っておきたい国宝の仏像や、歴史的に意味を持つ仏像や戦国武将が心の支えとした念持仏の数々を写真でご紹介。さらにそのような仏像の見分け方、造形の鑑賞ポイントなど、豊富なイラストで徹底図解する。これで眼前の世界の奥行きが増すに違いない。