×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画

江戸時代の立ちんぼ 「夜鷹」というお仕事 第1回~茣蓙をかかえた街娼~

江戸の性職業 #007

■茣蓙をかかえた街娼

『忠臣再講釈』

図1『忠臣再講釈』(恋川春町二世著、天保3年)、国立国会図書館蔵

 夜鷹は、夜道に立って男に声をかける、いわば街娼である。現代の「立ちんぼ」に相当するかもしれない。
しかし、立ちんぼは、声をかける場所こそ街頭だが、性的サービスをするのはラブホテルなど、屋内である。
ところが、江戸の夜鷹は物陰で、地面に敷いた茣蓙(ござ)の上で性行為をした。最下級のセックスワーカーといえよう。

 

 夜鷹の揚代は、蕎麦一杯の値段と同じとも、二十四文とも言われた。
比較は難しいが、たとえば文化十五年(文政元年、1818)の相場で、二十四文は現在のおよそ三百五十円に相当するであろう。

 図1に、夜鷹のいでたちが描かれている。

 画中に「辻君於利江」とあるが、辻君(つじぎみ)は夜鷹の別称。

 

『当世武野俗談』(宝暦七年)に、夜鷹について――

 

 鮫ケ橋、本所、浅草堂前、此三ヶ所より出て色を売、此徒凡人別四千に及ぶと云。

 

 とあり、宝暦(1751~64)のころ、江戸にはおよそ四千人の夜鷹がいたという。

 江戸の夜鷹について述べるとき、必ずと言ってよいほど引用されるのが、国学者・狂歌師の石川雅望の著『都の手ぶり』(文化六年)である。わかりやすく現代語訳すると――

 

 若い女はまれで、たいていは四十から五、六十歳の老婆が多い。老いを隠すため、ひたいに墨を塗って髪の抜けたのをごまかしたり、白髪に黒い油を塗ってごまかしたりしているが、それでも、ところどころ白髪が見えて、見苦しく、きたない。

 

――と。原文では「みぐるしうきたなげなり」と表現している。

 人生五十年と言われた時代にあって、四十~六十の女は老婆と評されてもおかしくない。
吉原から岡場所や宿場に流れ、岡場所や宿場でも通用しなくなった女が、食べていくため、やむなく路上に立つ例が多かった。

 そのため、夜鷹は年齢が高く、また性病などの病気持ちが普通だった。

『女房気質異赤縄』

図2『女房気質異赤縄』(式亭三馬著、文化12年)、国立国会図書館蔵

 図2で、石川雅望の「みぐるしうきたなげなり」がわかろう。

 こんな夜鷹を買う男もいたわけだが、多くは武家屋敷の中間や、下男などの奉公人、日雇い人足だった。
彼らとて吉原や岡場所で遊びたかったであろうが、その薄給では夜鷹がせいぜいだったし、梅毒などの性病に対する無知もあった。

(続く)

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 8月号

江戸庶民の衣食住

天下泰平を謳歌した庶民の「暮らし」と「仕事」を図解解説!